春一番の蝶

春一番、恒例のミヤマセセリ詣でです。

いつもの時期に、いつもの場所を尋ねると、必ず見ることができるというのは
嬉しいことですね。

ミヤマセセリH29春


    2017.3.20
  1. 2017/03/20(月) 21:27:40|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山口進さんと「珍奇な昆虫」 

子供のころ、大変お世話になった学習帳。
あの頃は、色鮮やかな蝶や大きなカブトムシを眺めては
どんな所でどんな人がこの写真を撮ったのかしらと、
解説を読みながら、思いを馳せていた。
そして、いつしか、ヒゲもじゃでマッチョなカメラマンが
泥まみれになって、山奥で撮ってきたのだというイメージが
わたしの中で出来上がってしまったのであった。

山口進さんにお会い出来たのは、割と最近のことで、
知人が山口進さんのお宅に伺うのに同行させてもらった時が最初かと思う。
事前に「学習帳の方」と聞いていて、緊張しながら伺ったのだけど、
にこにことお迎えくださり、わたしのような者にも、優しく接してくださり、
以降、大変お世話になってしまっている。

さて、ヒゲもじゃマッチョのイメージは、違ったけれど、
泥まみれになって、山奥で撮ってきたのには違いがなかったなと
ご著書を読んでいくうちにだんだんわかってきた。
だんだんわかってきたと言うくらいなので、今一つ、ぴったりと
来ていなかったのだけど、今回新しく出された「珍奇な昆虫」を
読んだら、やっぱり、大変な思いをして、危険な地域や遠い場所に
いらっしゃったのだと、よくよく分かった。

珍奇な昆虫

「珍奇な昆虫」は、「私的昆虫記」とおっしゃられている通り、
山口進さんが好奇心をフル稼働させて、世界各国の昆虫を訪ねて行った記録である。
写真を撮りながら、昆虫の生態をじっくりと観察し、謎を解いていった
とても面白い話がたくさん記録されている。
そうだったのか!と驚くようなことがたくさんある。
それぞれに特有の不思議があるのだけど、それはどうやって受け継がれているのかなどと考えると、またまた、新たに好奇心がわいてきて、夜も眠れなくなる。
私は眠れなくなるだけだけど、山口さんは、いろいろな不思議を好奇心に突き動かされて、見に行かれるのだろうな。

というわけで、お会いして世界の虫の話を伺いたくとも、世界のあちこちに取材に出かけていらして、なかなかお会いできないのであった。
もしかして、「珍奇な昆虫」は、世界の虫の話を聞きたい私たちのために書いて下さった本なのかな。

amazonは → こちら

山口進さんのブログは → こちら

※大変恐縮しているのですが、「はじめに」の中に、私の名前を載せていただきました。
  1. 2017/03/14(火) 00:03:51|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

散歩の宿題

用足しに出た帰り道、真冬の公園を通りながら帰宅。
ただの通過でなくなってしまうのは、いつものことだな。(笑)

カクレミノにいるという冬場の名物となっているある虫を探すも、
ここにはいないようで、いまだ、見つからない。
代わりに、クロスジホソサジヨコバイが見つかった。
葉っぱのキズみたい。
マエムシダマシ

ヨコバイがいた。かわいいではないの~。
なんて名前かな?  → 宿題①
ヨコバイ

これは、クダマキモドキとかの産卵痕かなぁ。
誰のしわざかな?  → 宿題②
産卵痕


あ、これは、ヒゲナガサシガメの幼虫だ!
成虫を見たことないのだなぁ。  → 宿題③
かめむし

葉っぱがみんな落ちた枝に怪しく残る枯れ葉!
枯れ葉1

蛾の幼虫あたりが糸で葉っぱを固定したみたいで、しっかり付いていた。
繭が落ちないようしっかり固定するなんて、すごい!
で、いったい誰?!   → 宿題④
枯れ葉2

壁にある排水口も、何かいるかもと、覗いてみる。
タマゴの殻、発見!!
ヤモリのタマゴかなぁ。  → 宿題⑤
排水管


こうして、こんなに宿題が山積みとなったけど、答えは急がない。
いつか、わかればいいのだな。


   2017.2.4

  1. 2017/02/09(木) 23:15:27|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナメカタツムリ

ここのところ、休日も忙しかったのだけど、今日、ほんのちょっとだけ時間が出来た。
久しぶりに地元の公園を散歩した。

冬場なので、樹皮ハガシと朽木返しが主の散歩だ。

さっそく、細い目の丸太を返してみると、なんと、変わった生き物が!
①ナメカタツムリ
カタツムリみたいだけど、軟体部分と殻のバランスが妙・・・。
ゴミは無視するとして~、、、う~ん、、、

②ナメカタツムリ
違う角度から見ると、こんな感じ。
むむむ???

って、やっぱり、こういうことだよね。
③ナメカタツムリ
そりゃそうだ。


   2017.01.28
  1. 2017/01/29(日) 00:37:18|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオキンカメムシを見に

オオキンカメムシを見に、三浦半島の先っぽまで行ってきました。

実は私ども一行、12月初めにも探しに行ったのですが、自力で見つけ出せず、
あえなく敗退してまして、この日は、そのリベンジでもありました。
今回は、昆虫写真家の尾園暁さんが情報収集と下見をしてくださっていたので、
あっさりと、会うことが出来ました。

三浦オオキン

いやはや、くやしいですね。
生垣一つ越えていれば、前回のうちに会えていたはずなのに!
手前の木までは、鈴木海花さんと一緒に探したのですよ・・・。

この日のオオキンカメムシは、あちらこちらに散らばっていて、一塊りになっているのは
少なかったですが、ここにも!あそこにも!と、楽しく撮影。

このあと、海岸の岩場で、トンビの襲撃を恐れつつ、お昼ご飯を食べ、岩場の散策へ。
乾いた岩場って、何にもないよな~と思いつつ、歩いていると、干上がりつつある水たまりに板が・・・。
板があったら、めくらないとね・・・と見てみると、なんとヤゴがいるではありませんか!

詳しくは、お二人のブログをご覧になっていただくとして、
 昆虫写真家・尾園さんのプログは、こちら
 昆虫写真家・森上さんのブログは、こちら
このあと見つけた深い水たまりも含めて、海岸の岩場にもかかわらず、みな淡水で、
ヤゴやハイイロゲンゴロウなどが住める場所だということにビックリ。
ザバーンと波が来て、塩味になりそうなのに。

ようやっと、砂浜に出たので、石を返して虫を探す。
この前は、ハマベヒメサビキコリやハマベハサミムシがいたのに、なかなか見つからない。
石を返すとピョンピョンと跳ねて、カメラを構える間もなく消え去るヨコエビと
サササササッといなくなるフナムシしか見つからない。
ふと、石のほうをみると、何やら付いていた。
翅
ゴキブリのタマゴのような形のもの。
・・・そういえば、ゴキブリのように消え去るフナムシの卵って見たことないけど、これか?!
などと思ってしまったのだけど、これは、死んだ甲虫の片翅だった。(笑)

めぼしいものが見つからないので、甲虫に夢中の蛾屋・阪本優介さんを海岸に置き去りにして退散。
阪本氏
阪本さんは、私たちが退散したあと、何やら見つけたらしく、根性のなかった自分が情けなく、
後悔をしました。^^;;;


この日の同行者は、尾園暁さん、鈴木海花さん、森上信夫さん、阪本優介さんでした。
海岸沿いの岩場の水たまり、楽しかったです!


     2017.1.7  神奈川県
  1. 2017/01/10(火) 01:09:29|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ