タテジマカミキリを観に

本日、寒い中、タテジマカミキリを観にいってまいりました。

タテジマカミキリは、成虫が樹木にかじりついて、堂々と越冬をしている面白い虫だ。
タテジマ
冬場に、こんなに堂々と、姿を現わしている虫はあまりおらず、
冬でも虫を観たい私には、うれしい虫だ。
しかしながら、、、目が慣れてこないと、なかなか見つけられなかったりする。
引率の尾園先生は、「ここにいますよ」「あ、ここにも!」というけれど、
なかなか見つけられず、ちょっと悔しい。

コマダラウスバカゲロウの幼虫もそうだ。
コマダラウスバカゲロウ
「ここですよ」と言われても、よくわからず、写真に撮って、初めて納得。(笑)

冬場は、いつもと違うものも観られるので、数は少なくても楽しめる。
ゴミグモ
ゴミにまみれる前のゴミグモ。
ちっちゃいけど、白くて美しい。

パチパチと音を立てながら実をついばむイカル。
イカル
尾園先生は、最近、鳥も撮影されるようで、鳥用のカメラセットで撮っていた。
木の葉が落ちる冬場は、鳥がよく見えて、アオゲラ・コゲラなども見られた。

しかしながら、寒い・・・。
雪が降り、その後、寒波で氷点下の日が続いているので、仕方がないけど寒い。
昼食のおにぎりは冷たく、飲み物もとても冷えていて、凍える身体にはたまらない。
そうこうしているうちに、小雪がちらつき始めた。^^;
逃げるようにして、次の目的地ケヤキ林に。

ケヤキ林で、パキパキと枝を折りながら、キンケトラカミキリの大捜索。
キンケトラカミキリ
いた!!となると身体も温まる。^^;
成虫数匹、幼虫少々を見つけて、本日のノルマ?は完了。

最後に、鳥用レンズでタテジマカミキリを撮る尾園先生の勇姿を。
(やっぱり、鳥を撮ってたのかなぁ)
O先生

尾園先生とBiotop Guildさんのイベントが2/3(土)にあります。
例によって、お天気が心配ですが、よろしかったらご参加ください!
Nature Photo Walk~冬越しの生きものたち~【昆虫写真家 尾園暁×Biotop Guild】
  1. 2018/01/28(日) 22:52:57|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春のミヤマセセリ祭 | ホーム | 明けましておめでとうございます。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/745-2e005cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)