オオキンカメムシを見に

オオキンカメムシを見に、三浦半島の先っぽまで行ってきました。

実は私ども一行、12月初めにも探しに行ったのですが、自力で見つけ出せず、
あえなく敗退してまして、この日は、そのリベンジでもありました。
今回は、昆虫写真家の尾園暁さんが情報収集と下見をしてくださっていたので、
あっさりと、会うことが出来ました。

三浦オオキン

いやはや、くやしいですね。
生垣一つ越えていれば、前回のうちに会えていたはずなのに!
手前の木までは、鈴木海花さんと一緒に探したのですよ・・・。

この日のオオキンカメムシは、あちらこちらに散らばっていて、一塊りになっているのは
少なかったですが、ここにも!あそこにも!と、楽しく撮影。

このあと、海岸の岩場で、トンビの襲撃を恐れつつ、お昼ご飯を食べ、岩場の散策へ。
乾いた岩場って、何にもないよな~と思いつつ、歩いていると、干上がりつつある水たまりに板が・・・。
板があったら、めくらないとね・・・と見てみると、なんとヤゴがいるではありませんか!

詳しくは、お二人のブログをご覧になっていただくとして、
 昆虫写真家・尾園さんのプログは、こちら
 昆虫写真家・森上さんのブログは、こちら
このあと見つけた深い水たまりも含めて、海岸の岩場にもかかわらず、みな淡水で、
ヤゴやハイイロゲンゴロウなどが住める場所だということにビックリ。
ザバーンと波が来て、塩味になりそうなのに。

ようやっと、砂浜に出たので、石を返して虫を探す。
この前は、ハマベヒメサビキコリやハマベハサミムシがいたのに、なかなか見つからない。
石を返すとピョンピョンと跳ねて、カメラを構える間もなく消え去るヨコエビと
サササササッといなくなるフナムシしか見つからない。
ふと、石のほうをみると、何やら付いていた。
翅
ゴキブリのタマゴのような形のもの。
・・・そういえば、ゴキブリのように消え去るフナムシの卵って見たことないけど、これか?!
などと思ってしまったのだけど、これは、死んだ甲虫の片翅だった。(笑)

めぼしいものが見つからないので、甲虫に夢中の蛾屋・阪本優介さんを海岸に置き去りにして退散。
阪本氏
阪本さんは、私たちが退散したあと、何やら見つけたらしく、根性のなかった自分が情けなく、
後悔をしました。^^;;;


この日の同行者は、尾園暁さん、鈴木海花さん、森上信夫さん、阪本優介さんでした。
海岸沿いの岩場の水たまり、楽しかったです!


     2017.1.7  神奈川県
  1. 2017/01/10(火) 01:09:29|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ナメカタツムリ | ホーム | あけまして おめでとうございます!>>

コメント

いっぱいいるんだよね。砂浜の水溜りのハイイロゲンゴロウ。私も初めて見つけた時はびっくりしました。ギンヤンマが海で産卵行動することもあるし、海原を渡りゆく蝶の姿が消えてゆくのを見るのも好き。砂浜は面白いです。
オオキンカメの越冬、こちらもぽつぽつバラけてます。
  1. 2017/01/10(火) 22:03:12 |
  2. URL |
  3. merian #ZxLhLQ22
  4. [ 編集]

mmerianさんへ

さすが!!
すでに体験済みなのね!

あまりにもいっぱいいたので、テンショウ上がりまくりでした!
海を渡る蝶も見たいなぁ!
  1. 2017/01/11(水) 21:44:38 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #q4Wv./JA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/729-bf7b6d67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)