『ときめき昆虫学』

あなたの中に眠る「虫スイッチ」を押す一冊、、、ということで出されたこの本。

虫が好きでない人の中にも、そのスイッチはあって、ちょっとしたことで、
そのスイッチは押され、「虫はあんまり好きではないのですが、美しいですよね~」と
言うようになる。
そんな人たちが、素晴らしい虫作品を作り出すこともあるのだから、
虫に対するアクセス方法は、いろいろである。

であるならば、そのスイッチ、押してあげようじゃないの!というのが、
著者のメレ山メレ子さん。
・・・というか、
ご自分の虫スイッチ、押しっぱなしになってないですか~、メレ子さん!(^◇^)

ときめき昆虫学ときめき昆虫学
(2014/04/06)
メレ山メレ子

商品詳細を見る


さて、この本を、すでに虫スイッチが入った人が読んだら、どうなっちゃうのか。

たとえば、私の場合は、こうである。

読んでも読んでも、そのお話にまつわるいろいろなことが思い浮かんできて、
妄想の世界に旅立つことたびたび。目は文字を追っているものの、
内容は読んでおらず、ハタと気が付くと、「あれ、どこから?」と
また戻って読みだす始末。

お蚕さんのエサの桑の葉を探し求めるくだりでは、ウチの近所の桑は
どこにあったっけ…?と近くの公園を思い出してみたり、
湿地でウエーダーを着てゲンゴロウを探すお話では、
ウエーダー欲しいなぁ、そういえば、この間の湿地、よさげだったよな…
と、過去の観察行きに思いを馳せたり。

各章のトップページの品々もメレ子さんの写真も素敵である。
メレ子さんの「胸の高鳴り」に同調して、ワクワクドキドキも激しい。
「面白くて、すぐ読み終わっちゃいました!」という読者が多いのに、
なかなか読み終わることができないなんて、これは、どうしたことか。^^;

とはいえ、この妄想紀行が楽しいこと、この上ない。
行ってみたい、やってみたいという欲求が湧き、元気がでる。
すでに虫スイッチの入っている人でも、さらにどこかのスイッチが入る。

今日も、野に出て、虫探ししてきた。
今日は、見つけたかった虫を神がかり的に発見。(自分で言うな!)
何のスイッチがはいったのだろうか…。(^◇^)


       2014.5.2
  1. 2014/05/02(金) 01:37:15|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タケウチトゲアワフキの羽化 | ホーム | 立川で見たムシ -ムシムシ探検隊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/653-2cab199f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)