むし塾に参加した。

2014年4月20日(日)
春なのに肌寒い日で、開場前に寄り道した池袋の森でもチョウは飛ばず。
こんな日は、室内でお勉強するのがいいよね~というわけなのか・・・、
「むし塾」に参加してまいりました。

むし塾は、先日もご紹介した「虫目で歩けば」の↓鈴木海花さんが開催された塾。
海花さん

虫は好きで、名前もよくわかるけど、基本的なこと、わかってないかも?!
と思ったときに、これに参加するといいよね…という塾です。
でも、結構詳しい人もいらしていたような。(笑)


先生は、千葉大学の野村昌史先生。
野村先生は、害虫などの研究をされている一方、大学の建物に「屋上はらっば」を作られてグットデザイン賞を受賞されたり、写真展で入賞されるなど、なにやら、楽しげなお方であった。
講義は、野村先生のご著書↓にそって、基本の基本から。

観察する目が変わる昆虫学入門 (BERET SCIENCE 観察する目が変わる昆虫学入門)観察する目が変わる昆虫学入門 (BERET SCIENCE 観察する目が変わる昆虫学入門)
(2013/06/24)
野村 昌史

商品詳細を見る


基本だから、よくわかっていることかというと、そうでもなく、
自分の脳の中を整理しながら、焼き直しをしていった。

この日、一番驚いたこと。
シリアゲムシの口は、吸うための口ではなし、咀嚼するための口だったってこと。
細長いから、吸う口なのかと思いこんでいました。^^;
あのオチョボ口で咀嚼しているのかと思うと、ちょっと楽しくなります。

結婚贈呈のお話も面白かった。
オスがエサを捕ってきて、メスにプレゼントしつつ、交尾をさせていただく(?)のだが、大きいエサの方がお得だとか、実はプレゼントを一緒に食べていたとか、
知らなかったことをたくさん教わった。

むし塾
なかなか勉強になりました。
次回も、その次も参加したいですが、大盛況の模様。
みなさんも、参加者募集をお見逃しなく!


          受付係 そよ風ふくでした。
  1. 2014/04/21(月) 23:44:46|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<立川で見たムシ -ムシムシ探検隊 | ホーム | イモムシハンドブック ③>>

コメント

そういえば

シリアゲムシも、その馬面でモグモグやってたかも。
知ってることと、知らないこと、それに曖昧だったことが
少しハッキリしそうな塾ですね。
  1. 2014/04/22(火) 21:24:28 |
  2. URL |
  3. くまじろう #JyN/eAqk
  4. [ 編集]

くまじろうさんへ

なんとなく知っていることを
ちゃんと知っているものにするような塾でした。
  1. 2014/04/23(水) 12:48:51 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #q4Wv./JA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/651-0659327f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)