アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に (フィールドの生物学)

アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に (フィールドの生物学)アリの巣をめぐる冒険―未踏の調査地は足下に (フィールドの生物学)
(2012/09)
丸山 宗利

商品詳細を見る


今だから告白するけど、私は、この本の著者の丸山宗利さんをWEB上では、だいぶ前から知っていました。
虫仲間の遊星人さんから、「この人のブログ、面白いよ」って「斷蟲亭日乗」(前はちょっと違う名前だったかな)を教えてもらったのです。
うっすらした記憶によると、その時、丸山先生は、アメリカに行ったばかりだったか、その前だったかと思う。
で、ブログを何度か拝見したあと、私も忙しくて、すっかり見ることを忘れてしまっていたのだが、ある日、丸山先生が「ツノゼミ ありえない虫」を出されたのをきっかけに、「そういえば!」と思い出したのであった。

ツノゼミ ありえない虫ツノゼミ ありえない虫
(2011/06/23)
丸山宗利

商品詳細を見る


虫の形が好きな私にとって、ツノゼミの写真集は、たまらなく、すごいすごいと言いながら見たのでした。

話が戻りますが、嬉しいことに、その後、お会いする機会があり、
その時に「アリの巣をめぐる冒険」を出されたと聞いたのでした。
早速買って読んでみると、まず、アリの巣を掘りたくなる欲求が湧き、
アリをめぐる虫(特にハネカクシ)の観察をしたくなる欲求が湧き、
さらに、いかに自分がきちんと観察をしていなかったかを知り、
改めて、いろいろと真摯に観察(素人観察ですが)をやり直したい欲求が湧いてきたのでした。

寒くなってきて、雪が降るかもしれない今に読んでしまったことを、ちょっぴり後悔。(笑)
はやく暖かくならないかな~!


  2012.12.2
  1. 2012/12/02(日) 22:29:16|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生 (フィールドの生物学) | ホーム | ニトベエダシャク>>

コメント

先週これを探しに池袋まで行ったのですが、その前にビックパソコン館とハンズに立ち寄ったらじゅんく堂まで歩くのが面倒になり買いそびれてます(笑)
たぶんネットで買うことに・・・

丸山さんつながりで最近はありんこさんの「ありんこ日記」の方ばかりよく見てます、虫の目レンズ談義に花が咲いていた頃にやりとりしたのがなつかしいですが、微小昆虫の撮影がすごいレベルなので感心するばかり。。。
  1. 2012/12/04(火) 18:43:06 |
  2. URL |
  3. 遊星人 #ef5z5LN6
  4. [ 編集]

遊星人さんへ

ジュンク堂まで行く間にトラップがあるのですね。^o^

もうひとつ、紹介しますので、それも一緒によんでください。
っていうか、このシリーズであと2冊、読みたいのです。
意外と店頭でみつけられなかったりします。
ネットで買うのが楽かも。

丸山さん、とっても器用な方だということが判りました。
写真も素敵ですし、手工芸も得意そう。
ありんこさん、久しぶりの方です。(笑)
あとで、見てみますね。
  1. 2012/12/05(水) 22:46:43 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #q4Wv./JA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/587-427ab404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)