流動的な細胞

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
(2007/05/18)
福岡 伸一

商品詳細を見る


遅まきながら、「生物と無生物のあいだ」を読んでます。
すごく楽しくて、ほれぼれとする文章で語られてる内容は、実は堅いと思われている生物学である。
このギャップがたまりません。^^
ただ、記憶力が弱まっているオツムで読むので、行きつ戻りつ読むことになり、
なかなか完読に至りません。
そうなると、持ち歩きつつ、読むことになり、昨日の健康診断の待ち時間にも
読んでおりました。

「動的平衡(ダイナミック・イクイリブリアム)とはなにか」の章で
細胞は絶えず分解されつつ再構成され、人の体も体脂肪に至るまで新旧の更新が
なされていて、知人と会った時に「お変わりありませんね」などと話すけど、
実は半年もすると「お変わりありまくり」なのだ、、、
などという話に衝撃と感動を覚えつつ、
粛々と健康診断は進められ、身長・体重・胴回りを測られ、
しかる後に「全く、お変わりありませんね~!」などと言われた時には、
「いや、お変わりありまくりだそうです」などと言いそうになったり。。。(笑)

わが細胞である血液を採集されながら、この細胞の代わりのものは
どうやってできるのか。
プチっとさされた注射器の穴は、新旧更新の流れのなかで、
どんどん再生されていくわけだけど、なぜに腕の皮膚という同じものが
きちんと再生されるのか?などと思った間もなく、
「たんぱく質のかすかな口づけ」の章では、その疑問を晴らしてくれる物語が
語られる。

いいですね~、この本。

胸部レントゲンを撮ったり、心電図をとったりして、各所を流れていく私は、
流れるように更新されていく細胞と似ているかもしれない。(笑)
この新と旧の更新の流れが悪くなると病気になるんだとの話を読みつつ、
婦人科健診に進むと、そこは流れが滞り、たくさんの細胞(人だけど)が
滞留していた。。。病気である。(笑)

というわけで、「生物と無生物のあいだ」は、健康診断のお供にもよさげである、、
という話。

実はまだ、完読してません。^^;
では、続きを読みますので、今日は、これにて失礼します。
  1. 2010/08/04(水) 21:26:29|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ウシアブ | ホーム | ウスバカゲロウ>>

コメント

そよ様の語り口が面白くて、興味が湧きました^^

とんと読書量が落ちたこのごろですが
最近は地元出版社「鉱物社」のローカルな書籍を
好んで読んでいます。
マクロビオティックの身土不二思想じゃないけど
その土地にあっては、その土地のもの・・が身に沁みて面白いんですね。
  1. 2010/08/05(木) 07:13:04 |
  2. URL |
  3. ぐりろたるぱ #-
  4. [ 編集]

↑じゃなくて

「鉱脈社」の間違い・・お恥ずかし。
  1. 2010/08/05(木) 07:45:09 |
  2. URL |
  3. ぐりろたるぱ #-
  4. [ 編集]

サブタイトル通りの本じゃないっスか(笑)

確かに今の自分は、半年前の自分のコピー+αだったりするわけで
そんなことを改めて意識してみるのも面白そうですね。
まさに健康診断にピッタリですワ(笑)
  1. 2010/08/05(木) 21:11:06 |
  2. URL |
  3. くまじろう #JyN/eAqk
  4. [ 編集]

ぐりろたるぱさん、
自分が面白いと思った本に興味をもっていただけるのは、嬉しいことです。
ありがとうございます。

自分の住んでいる土地の本を読むのは、心にとって最良の栄養かもしれませんね。
地産地消ってことになりますよ。(笑)

くまじろうさん、
本当だ。サブタイトルの通りです。
自分の細胞に目を向けるのも楽しいことです。
  1. 2010/08/05(木) 22:45:19 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #BB/vX.UQ
  4. [ 編集]

この話を聞いていつも不思議に思うのは、自分の古傷って古傷の状態のまま、それを構成している細胞だけが再生されているんだなあということです。ついでに更新して、元通りになってくれればいいのに(笑)
  1. 2010/08/10(火) 00:43:54 |
  2. URL |
  3. おおや #UXr/yv2Y
  4. [ 編集]

おおやさんへ

言われてみれば、そうですね!
傷ものの細胞のとこは、傷ものの細胞が再生するってことですね。
いろいろと考えてしまいました。
傷がきれいに治っていくには、どうすればいいんでしょう?
擦り傷でいたんだ傷は、傷んだとこを綺麗に削れば治りも良いとか。。。かなり痛そうだけど。^^;
  1. 2010/08/10(火) 22:28:35 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #q4Wv./JA
  4. [ 編集]

良い本ですよね、

おおやさんの怪我の話も面白いです。
細胞レベルまでは変わりなくても、中の分子(水とかタンパク質)はずんずん入れ替わっている。で、おなじ分子レベルでもDNAなんかは入れ替わってない、ので見方によっては「お変わりない」というのも間違いではない、、
あ、あつくるしくなってきましたね、ここらでやめときます。(笑)
  1. 2010/08/13(金) 13:52:28 |
  2. URL |
  3. schlegel #TBXzgOU2
  4. [ 編集]

schlegelさんへ

ふむ、なるほど。
あるレベルではお変わりあって、あるレベルではお変わりない。
お弁当箱とその中身の関係ですね。
お弁当箱と、中の仕切り板は変わってないけど、ご飯やおかずは常時入れ替わってると。。。(笑)

やはり、1回では、ちゃんと分らなかったか。。^^;
  1. 2010/08/13(金) 19:40:59 |
  2. URL |
  3. そよ風ふく #q4Wv./JA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soyo29.blog46.fc2.com/tb.php/395-0d0832a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)