フン

何日も前から、この日は雨が降ると言われていた日。
何日も前から、晴れ女なのだから、なんとか頼むと言われつつ参加した観察会。
晴れじゃないけど、雨じゃなかった。ほっ

早々に、怪しいカマキリのタマゴを発見した。
ムネアカ
おそらくは、最近、分布を広げているムネアカハラビロカマキリ。
幸先よい。

コケ1
少し雨が降ったのかもしれない。
コケがとても元気だった。

コケクッション
コケ・クッションの付いた切り株もフカフカしていて、きれい!

雨が降りそうな湿った空気のせいか、雑木林の中は、獣の臭いがした。
生き物に詳しい同行者は、地面についたタヌキの爪あとを発見し、
やはり、獣臭いと言う。

案の定、、、
タヌキ
タヌキのフンがあった。
タヌキは、1か所でフンをするので「タヌキの溜めフン」ともいい、
冬虫夏草も生えたりするので、ちょっとした楽しみもある。
この日は、残念ながら、見つからなかったけど、未消化で排泄されたギンナンが
たくさんあった。
ギンナン食べて、大丈夫だったのだろうか?!

中央にいるのは、ベッコウバエのペア。

ウサギのフン
近くには、ノウサギのフンもあった。
美しいチョコボールではないか!!

そして、タマヤスデもいた。
タマヤスデ
タマヤスデは、大好きな生き物だ。
フンがまた美しい顆粒なのである。  →  こちら

このフンを見ると、タマヤスデが土を作っているのだとしみじみと感じられる。

疲れて、遅いお昼を食べていたら、窓の外の人たちが傘をさし出した。


            2016.11.27  埼玉県
  1. 2016/12/02(金) 22:54:52|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2