冬でも刺激的観察 

 前回の年末の観察でフユシャクはおらず、悲しい思いをしたので、
年明けに再度の観察をしました。
 場所は、前回と違うけれど、昼間でも多少のフユシャクがいる
という神奈川県内の公園で午後から。
夜は、別所でさらに観察となりました。

 冬は虫が少ないと思いきや、意外にいるもので、
ニジュウシトリバガに初めて会うことが出来た。
初めてなので、とりあえず、骨?が24本あるか数えてみた。
ちゃんとありましたよ~! 驚きです!
24

 これは、ヤノクチナガオオアブラムシのタマゴ。
これも、お初で、米粒ほどと大きいのにびっくり。
幼虫や成虫は、アリに面倒をみてもらっているのを
見ていたけれど、タマゴも面倒をみてもらってるんですね。
ヤノ卵
※成虫は、こちら

 これは、ハエ。
寒いから動けないのかと思ったのだけど、よくよく見ると、
白いカビのようなものが付いている。
カビにやられて、死んでしまったようだ。
ハエ

 フユシャクは、昼間にメスを数頭。
夜は、だいぶいて、交尾してるとこも見ることが出来、
上々であった。

 冬だからといって諦めず、観察をすると、
お初に見られるものもあり、楽しく刺激的な観察が
出来るのだと、感動!

その他の詳細は、「昆虫写真家・森上信夫のときどきブログ」と
昆虫写真家・尾園暁さんの「湘南むし日記」、
鈴木海花の「虫目で歩けば」をご覧下さい!

2016.1.9
  1. 2016/01/31(日) 21:41:23|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フユシャク探索→ツブツブ探索

毎年参加させていただいているフユシャク探索。
今回は、年末の最終土曜日、12月26日(土)でした。
いつも、この頃に探索をしているので、年毎の変化が
わかるというお楽しみ付きです。
2014年は、こちら
2013年は、こちら

例年通り、「よいトイレ」周辺で待ち合わせをして、
昼間の第1ラウンド開始。
第1ラウンドは、暗くなる前に探索をして、アタリをつけるのが目的。
ところが、前回のように、アタリが来ない! 

アタリが来ないと、どうしても、別のものに気が移ってしまうのは、
人間だもの、、、しかたがない。(笑)

ケヤキの木の周りで、小さな虫を探したり、葉裏の虫を探したり、
それはそれで、楽しく探索。

2015122601
タマバチの一種。前にも見た。

2015122602
蛾の冬虫夏草をいくつか。蟻の冬虫夏草もあった。
この場所は、冬虫夏草が多いのだな。

2015122603
前回、おびただしいキノコの周辺から見つかった
アカバマルタマキノコムシの幼虫。
今年はキノコがなくなっていたので、いないかと思ったら、
木肌にしっかり付いていた。(嬉)
しかしながら、成虫はおらず・・・。

2015122604
ミノムシ。オスが羽化したあとの殻。
リサイクルされたりはしないんだろうな。もったいない。(笑)

というようなわけで、第1ラウンドでは、フユシャクはほとんど見つからず。
いざ、第2ラウンドへ!
第2ラウンドは、日が暮れてから。

2015122605
数は少ないものの、チャバネフユエダシャクのオスなどの姿が見えだした。

2015122606
越冬するウラギンシジミをたくさん見つけた!
夜、懐中電灯で照らすと、ウラギンシジミは、白く浮かび上がって、
とてもよく見える。
数えてみたら8頭! すごいじゃん!

とはいうものの、人間だもの・・・。
フユシャクは、あまりおらず、何より、かわいい姿のメスがいない。

2015122607
ムツボシテントウ・ナミガタチビタマムシ(?)・ナシグンバイ

2015122608
ハロルドヒメコクヌストと周辺をうろつくハネカクシの一種

2015122612
ナガヒョウホンムシ

2015122610
だんだん、小さくて黒いつぶつぶを見つけると、写真に撮って
拡大して確認するようになってきた。
これも、ケシ粒より小さくて、肉眼では、いったい何だかわからない。

2015122611
そして、、、拡大してみたけど、結局なんだかわからなかった。(笑)
とりあえず、わからないから、自分のなかでは、チャタテムシの
幼虫とかに区分してみたけど、ちょっと違うなぁ。

2015122614
第1ラウンドでは幼虫しかいなかったアカバマルタマキノコムシ。
第2ラウンドでは、成虫を見つけることができた。

2015122613
つぶつぶ視線となっていた私には、ハラビロカマキリが
特大に見えた。
それにしても、この時期までカマキリがいるとは!

というようなわけで、フユシャクは、暖かかったせいか、
ほとんど見られず、つぶつぶ探索をしたのでした。
今回の探索で、つぶつぶ視線を得た私は、元旦に
おみくじのつもりで、実家近くの公園で、ケヤキをひとめくり。
おお~!と声が出るくらいのたくさんの黒いつぶつぶがいた!
これはなんの甲虫の集団だろう!
おみくじ、大吉じゃん!と嬉々として持ち帰り、顕微鏡で見たら、
おびただしい数の黒いダニであった。(笑)


さて、年明けのリベンジは、昨日行ってきました。
次回は、そのお話を!

  2015.12.26
  1. 2016/01/10(日) 12:03:55|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あけまして おめでとうございます!

ヤマノモンキリガ
今年は、昨年の年末に見たヤマノモンキリガをブログ用のお年賀写真にしました。
ヤマノモンキリガは、毎年、冬の寒い時期に咲いたツバキにやってきます。
ツバキとヤマノモンキリガの組み合わせは、とても美しく、ほれぼれとします。

ほれぼれとする程の美しさを撮れるよう、今年も精進してまいります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

                     2016.1.1  そよ風ふく

  1. 2016/01/01(金) 00:00:00|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3