本日から、モスウィーク! だけど、蛾なし。^^;

本日7/18(土)から、7/26(日)まで、ナショナル・モス・ウイーク(National Moth Week)です。
そう! 国際的“蛾”週間であります。

この期間は、世界中で、蛾を見たなら、写真に撮って、専用のサイトに、
報告しなけれいけません。(いや、いけなくはないけど・・・)

ということで、鈴木海花さんが今年も、声かけをしてくださり、
「むし塾」主催『ナショナル・モス・ウィーク2015 キックオフイベント』
が午後から開催され、参加して参りました。

今年も、神保宇嗣先生の軽快で面白いトークを拝聴し、楽しみました。
そして、いざ、観察!!と思ったら、雨がパラパラと降っていて、
現地(多摩森林科学園)での蛾の観察は、不調・・・。

午前中、早くに来ていたので、他の虫が少々撮れてました。

わたし的きらめく甲虫。オオスジコガネとかかな。
コガネムシ2

本当にピカピカで、これが、たくさん実っていた。(笑)
コガネムシ1

そして、アリの巣の生き物観察。ヤノクチナガオオアブラムシ。
ヤノクチナガ1
アリを取り巻きにして、生きている。
アリのパンパンになったお腹をみてやって欲しい。(笑)

ヤノクチナガ2
このアブラムシは、口吻がとても長い。
お尻の先からシッポのように出ているけど、これが口吻で、これをケヤキなどの幹に突き刺して、汁を吸う。
こんな長いのを刺しちゃうのだから、きっと、刺したあとは、動きが取れないのだと思う。
刺した状態でお尻から甘露を出して、アリにサポートを頼んでいるようだ。

ちなみに、ケヤキの場合、樹皮が剥けて、赤肌となったところによくいるのは、樹皮がない分、そこが柔らかくて、刺しやすいからのように思うけど、どうかな。

ということで、撮影物に、ある傾向が見られるのだけど、気のせいかな。(笑)


※ただいま、ジュンク堂池袋展7Fにて、『鈴木海花プロデュース 大昆虫展2015』が開催中です。
いろいろな、虫グッズをそろえましたので、ご覧になってください!
  1. 2015/07/18(土) 22:58:16|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3