調べてみよう名前のひみつ昆虫図鑑

すでに、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、先日、
「虫とツーショット—自撮りにチャレンジ! 虫といっしょ」という本を出された森上信夫さんが、続いて、もう1冊、今度は児童書を出されました。
「調べてみよう名前のひみつ昆虫図鑑」という本です。

昆虫図鑑 (調べてみよう名前のひみつ)

森上さんの写真は、とてもきれいで、私はファンなのですが、
その素敵な写真がたくさん掲載されていて、とても、美しい本となっています。
それぞれの虫のかわいさや美しさを引き出して撮るコツを教えていただきたいものです。

105種類の虫の名前のひみつが載っており、こちらも楽しいのですが、
ところどころにあるコラムページには、私の好きなカメムシがたくさん載っている「カメムシコレクション」や、楽しい「英語でクイズ、何の虫?」、大きさの違うカマキリを比較している「名前でわかる虫の大きさ」などがあり、
いろいろなことを楽しみつつ、識ることができて、うれしい本です。

2冊続けて本を出すのは、とても大変だったと思います。
そこらへんのご苦労など、7/28(火)のトークイベントでうかがえたらな~と
思っております。

トークイベント 「直球と変化球 ― 森上信夫、2冊の新刊を語る」 は、
7/28(火)にジュンク堂池袋展で開催されます。
お相手は、鈴木海花さん
私も、申し込みをしました。よろしかったら、会場でお会いしましょう!!
ご案内はこちら

写真展「虫を感じる。虫を識る。森上信夫写真展」も開催されます。
ご案内はこちら

森上さん、楽しみにしてますので、よろしくお願いします!!
→森上信夫さんのブログは、こちら
  1. 2015/06/26(金) 06:42:18|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

蓋女(フタジョ)

へぇ~、、、蓋女(フタジョ)って言うんだ~・・・・。
何とか女(じょ)という言い方は、あまり好きじゃないので、
テレビを見ながら、冷やかに、つぶやいてしまった。

虫好きの女性もそうだけど、この蓋女ってのも、だいぶ前からいるよね。
というか、私って、蓋女なんだ!!と驚いた。(笑)

マンホール蓋 1

この間、行ってきた場所のマンホールカバーです。
そう、「蓋」とは、マンホールカバーのことで、私は、行った先の記録に
これを撮るのを楽しみにしている。
さて、↑のは、どこのものでしょうか? かなり、わかりやすいです。^^

マンホール蓋 2

 そして、そのそばには、こんなの↑も。
私は、これは鮎かと思ったのだけど、調べてみると、
どうも、違うようだ。

 マンホールカバーには、その市町村の「市の花」や「市の木」、「市の鳥」などがデザインされていることが多い。
「市の魚」のある市町村は、そんなにないように思うけど、どうかな。
で、この市町村の「市の魚」は、アジとメダカ。
そうすると、これは、アジ?! \(^o^)/

というふうに、楽しいのですよ、ハイ。(^◇^)


※お魚のマンホールカバーは、お友達から指摘があり、
 上下が逆で、メダカなのだと判明しました。
 うっかりで、すみません。

           2015.6.12


  1. 2015/06/17(水) 22:15:50|
  2. 道端
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

-虫の知らせ-  色の薄いナミテントウ 

虫の名前を調べていて、そういえば、過去に自分のブログでも
扱っていたかなと、自分のブログを検索してみた。

虫を調べていたのに、いつのまにか、自分のブログを読みふけっていた。(笑)
ああ、このころの私は、生き生きしてたなぁ・・・と。

ということで、少し反省をし、日日の面白かったこと、その日に見た虫など、
気張らずに書いて行こうかなと、思い直した。
写真なくても、いいやね。(笑)

まぁでも、寂しいから、うちにいる色の薄いナミテントウを載せておきます。

色の薄いテントウムシ


2015.06.16
  1. 2015/06/16(火) 20:47:13|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0