巨大仏巡礼

ブックレビューが続きます。

私の友人、クロスケさんが、「巨大仏巡礼」という本を出しました。

クロスケさんと初めて会ったのは、8年前かしら。
インターネットで知り合いました。(怪しい!笑)
「ド」が付くくらい写真の素人だった私たちが、
あろうことか、有名写真家さんたちと一緒に、写真展に出品させていただくことに
なった。

その写真展のある日、クロスケさんと一緒に当番をすることになって、
そこで初めてリアルにお会いしたのでした。
その名の通り(?)黒くて大きなクロスケさんが受付にいると、迫力であった。
その頃は、確かに、ガテンな兄さんだったはず。

身の程知らずな私たちは、2回ほど、写真展に出させていただきつつ、
「いつか、みんながあっと言うようなビックな写真を撮ろうぜ!」
と、密かに誓い合ったのでした。
それから幾年月、クロスケさんは、どんどんビックになっていき、
とうとう、大仏になってしまいました。  
とうとう、大仏の本を出してしまいました。

巨大仏巡礼巨大仏巡礼
(2015/01/31)
クロスケ

商品詳細を見る


「巨大仏巡礼」は、クロスケさんが、日本全国を巡りながら取材してきた大仏たちの
集大成ともいえる本。
日本全国、1周じゃ足りず、2周も巡って、まだまだ足りず、好奇心の赴くままに取材し、
大仏たちの面白さを余すことなく語っているクロスケさん、頑張りました。

デカイだけで語るのではなく、造った人の気持ちを推測し、ガテンらしく、データを取り、
材質まで語る。
大仏をあらゆる方向から観察し、書き込んであるので、とても面白い本となっている。
ギネスに認定されている牛久大仏は、クロスケさんから初めて教えてもらった大仏。
浅はかな私は、これだけ大きいと、頭のてっぺんがハゲていても、わからないよな・・・
と密かに思っていたのだが、こんな考えも払拭するように、頭の上からも取材!!

一度、書店で見てみてください。買って帰って、じっくり読みたくなるでしょう。
そして、「この大仏、見てみたい!」と思うでしょう。(笑)

2015.2.23


追伸 :
 お台場のカルカルで、クロスケさんが3/1(日)に「巨大仏ナイト!」をします。
 ぜひ、面白い解説&取材話をご覧になっていただきたい!→こちら
 
  1. 2015/02/23(月) 23:12:09|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

くるりん! ダンゴム カブトムとのたたかい

虫好きの人たちは、もしかしたら、みんな、最初のムシは、ダンゴムシだったのではないだろうか。
いつでも、どこでも、そこいらにある植木鉢や朽木をどけると必ずいて、
触っても、いたぶっても、かわいく丸まるだけの愛らしいムシ、ダンゴムシ。
ポケットの中に入れることも出来る。(笑)
正式には、昆虫ではないけど、まぁ、日本式のムシであり、ムシ好きの思い出のムシとなっている思う。

くるりん! ダンゴム カブトムとのたたかいくるりん! ダンゴム カブトムとのたたかい
(2014/07/21)
とよさき かんじ

商品詳細を見る

「くるりん!ダンゴム カブトムとのたたかい」の主人公ダンゴムは、
愛らしいダンゴムシ、、、
という感じではなく、怠惰に毎日イヤイヤ土づくりをしているような奴。^^;
「こんちゅうチャンピオン」のカブトムは、「オレさま」風を吹かして、大暴れ。
ダンゴム、どうする?! 頑張れ~!!

サブキャラもカニムシャ、マルトビー、いろいろな種類のダニーズなどがいて楽しい。
カニムシのカニムシャ、マルトビムシのマルトビーなどは、実際には、よく見ないと
見つけられないムシ。
この本を読んだ子供らが、「カニムシャ」が見たい!と、お外で探してみてくれるといいなぁ。
楽しいんだぞ、ムシ探し!!

******************************
以下は、司書資格を持ったニート息子(笑)が書いてくれたブックレビュー。
「保護者のみなさんにお勧めするレビューを書いて」と言ったら、
つたない文章で書いてくれた。せっかくなので、載せさせていただきます。
・・・いや、本当につたないなぁ。


 主人公がダンゴムシ。
虫の世界の主人公と言うとカブトムシのイメージですが、探しに行かないと見つからないカブトムシより、公園に行けば見つかるダンゴムシの方が親しみが持てるでしょうし、虫に興味を持った子供たちがすぐ探しに行くことができます。
 物語の中にはダンゴム以外にも多くの虫たちが登場しますが、どの虫も可愛らしくデザインされており、本物の虫が苦手な子も楽しめるかと思います。作中に登場しない虫を子供が見つけた時も、「絵本ならこの虫はどんな子だろう」と想像をはたらかせて楽しめると思います。
 物語も、最初はちょっと自分が嫌いだったダンゴムががんばって修行し、仲間と協力して悪を成敗する。そして物語の最後にダンゴムはちゃんと自分が好きになっている。この分かりやすさとまっすぐさは、小さな子供へ読み聞かせるのに大切な要素だと思います。
 巻末の『つちができるまで』と付録の「とんとんずもうゲーム」もわかりやすく丁寧に説明されており、奥付にダンゴムシを優しく扱ってほしいという注意書きがあったりと、細部まで気遣いの届いた本であると思います。

おわり







  1. 2015/02/07(土) 21:29:04|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3