フユシャクの夜は楽しく

昨年もお誘いいただいたフユシャクの会に今年も参加してきました。
昆虫写真家・森上信夫さんのブログ尾園暁さんのブログにも詳細が書いてありますので、詳しくは、そちらをご覧になっていただくとして、私から見た楽しい夜をお伝えしたいと思います。

この日の最初の虫は、みんなの大好きなウシカメムシ。
ウシカメムシは、どんな生活をしているのか、なぞが多い。
寒くなってからの方がよく見かけるような気がします。
ウシカメ

タマバチ科の一種もいた。
ちょっと赤いめの丸っこいアリのようで、うっかりすると見過ごしてしまいそうなところ、蛾loveさんが見つけてくださった。
タマバチ

さくっと下見をした後、休憩をし、本番である。
さて、これからが、すこぶる自信がない。
前回もそうだった。
名前は、一寸野虫さんから、その場で教えていただけるのだけど、
教えていただいた数が増えていくと、だんだん混乱してきて、
しまいには、頭の中がショートしてしまう。(笑)
これは、クロスジフユエダシャクだったろうか・・・。^^;
クロスジフユエダシャク?

こちらは、森上さんが見つけたナミスジフユナミシャク。
頭の中で、ナミナミ、、と唱えてみる。
交尾をしていると、メスの柄や翅も参考になるので、名前を調べるヒントが増える。
ナミスジフユナミシャク

キリガもいらっしゃった。
その場で、蛾loveさんがヤマノモンキリガと同定してくださった。(かっこいい!)
写真は、うまく撮れていないのだけど、ファインダー越しに見たヤマノモンキリガは、格別な美しさで、思わず「綺麗だ~!」と叫んでしまった。
スギタニキリガ

こちらは、渋系のナワキリガ。
色は渋いが、翅に規則正しく並んだ刻印が美しく、魅力的な蛾。
ナワキリガ

フユシャクのメスを探すため、一つずつ木肌をなぞるように確認していくと、
こんなかわいい虫を見つけることもある。
アカバマルタマキノコムシ
アカバマルタマキノコムシだ。
交尾していたものを見つけて、手に採ろうとしたら、コロコロと転がって
落ち葉の中に落として大騒ぎ。
結局、木肌を見たら、他にもたくさんいるのがわかって、「なんだ~」ということに。

これがきっと、幼虫だと思う。
アカバマルタマキノコムシ幼虫
漆塗りのダンゴムシみたいで、なかなか美しい。

川北さん特製の野外ステージをこっそり借りて、白バック撮影の練習も。(笑)
画像加工に頼ると、翅のグレーも飛んでしまうので、難しい。
やはり、基本のウデがないと、つらいなぁ。
WBクロ

待望のチャバネフユエダシャクのメス(ホルスタイン)は、
頭上高く、横に張り出た枝の下にいた。
しかも、階段の最上段の横から生えている木なので、みんな必死のスタイルで撮影。
チャバネフユエダシャク

こんな感じ・・・。
Oさん
写真は、風邪っぴきの尾園さん。
右手奥に森があり、その向こうに街のあかりが見える。
寒いけれども、楽しい観察。幸せ感じるひと時でありました。

おかげさまで、今年も楽しく虫観察が出来ました。
滞り気味のブログではありますが、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

                      そよ風ふく





  1. 2014/12/31(水) 14:26:40|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

むし塾 -2014年11月30日-

過日、むし塾の第4回目が、池袋の明日館で行われました。
明日館は、池袋の駅から歩いて行ける場所。
住宅街のいくつかの角を曲がりつつ、たどり着くと、
ああ、こんなところにこんな素敵な建物が・・・と思うような施設です。
ここで結婚式をあげられる方も多く、この日も結婚式と同時進行で
むし塾の講義がありました。

今回は、宮崎からいらしてくださった新開孝さんが講師でした。
虫によい環境を探してみつけた宮崎での日々を嬉しそうにお話してくださいました。
土地を切り開いていって、ご自分で整えていったご苦労は見せず、
あれもいた、これもいた、、と本当に嬉しそう。

・・・宮崎が私を呼んでます。(゚∀゚)

お話のあとは、お茶会でお楽しみ。
むし塾20141130
サインをいただいたり、葛巻からいらした先生方の関係のお写真を見たり、
むしの情報交換をしたり、とても楽しい午後となりました。

むし塾は、来年も続ける予定です。
むし目の仲間を増やすべく、鈴木海花さんが講師をセレクトして下さいます。
みなさん、ご期待下さいね!
  1. 2014/12/06(土) 20:42:00|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0