拾う→披露

石垣島でのお話はいろいろあるのに、スローテンポな報告では
次の話も出てきちゃうし、いけませんね~。

今回は、拾ってきたものを報告いたします。

ビーチコーミングの成果↓
貝殻
写真を撮っていたのと、アダンの茂みの虫を捜索していたので、私は少量の収穫。
小振りだけど綺麗な貝殻を拾いました。
ビーチコーマーのみなさんは、漂着物に専念されていたので、
ウニの化石など、それなりの発見があったようです。

フィールドコーミング(こんな言葉はないが)の成果↓
実
モモタマナ、テリハボク、ギンネムなどなど、木の実拾いも楽しく!

真ん丸のピンポン玉のようなものは、テリハボクの実。
コウモリが齧ったもののようです。
石垣島は、街路樹としてテリハボクをたくさん植えている。
道路に実がたくさん落ちていて、車が実を踏んでしまうと、
床下でカンコロコロコロと、音が鳴る。
テリハボクの実のオイルはヒーリング効果があるとかないとか。

紡錘型の黒いのはモモタマナの実が乾いたもの。
右のほうにあるケバケバしたのは、モモタマナの実をコウモリが齧ったもの。

こちらは、漂着物学会でいただいたもの↓
モダマ
この種のモダマは、なかなか拾えず、珍しいもののよう。
右側のは、サヤを豆ごとにカットして下さったもの。
開けると豆が出てくるのですが、もったいなくて、開けられない。(笑)
モダマは、漂流することがあるので、海岸でも拾えることがある。
種によって生えている地域が違うので、種ごとに採集の難易度が違うようだ。
あと、漂流しやすいものとしにくいものがあるみたい。

というようなことはともかく、肌触りよく、艶やかで、これはコレクトしたくなるもの。
いつかは、島に行って、長~いサヤを拾ってみたい。


  2014.11.7-10 石垣島
  1. 2014/11/24(月) 10:16:20|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての学会 -漂着物学会-

おおよそ学会というものに所属をしたことがなく、
また、参加もしたことがない私。
初めて、参加してまいりました。

その名も「漂着物学会」!
失礼ながら、このような学会があるということは知らず、
何してるんだろうということで、お邪魔して来ました。

今回の大会は「漂着物学会沖縄・石垣島大会」ということで、
石垣島で2日間の開催。
ビジターの私は、初日は午後の基調講演・研究発表を拝聴。
基調講演は、ゲッチョ先生こと盛口満先生の「沖縄の自然と漂着物」。
漂着物は、海外からのビン缶などが遠くから来たことに感心をするだけではなく、島の人々の生活習慣や過去のしきたりなどを知る重要な手掛かりとなるものだと知り、ハッとした。
植物や、海流、生き物と、多様なことを知る情報源として、漂着物は重要なものと研究発表でも知ることができた。
勉強になるなぁ~!

翌日の実習?は、ビーチコーミング。^^V
海
なんだかんだと言っても、みなさん、海岸で綺麗なものや面白いものを拾うことがお好きである。
私も、貝殻を中心に拾っていった。(収穫物は、後日。)

サンゴ1
サンゴの塊は、綺麗な柄である。

サンゴ2
違う角度から見ると、こんな。

巻貝1
この貝、綺麗だ~!!と写真を撮っていたら、、、

巻貝2
動き出した!\(^o^)/

サンゴ裏
サンゴを裏返すことも忘れない。
サンゴには、アリが住んでいた! (^O^)

たくさんのものを収穫して撤収。
飛行機に乗る方を空港に送りに行ったら、
バスのドアが空かないトラブル発生!
どうやら、重量オーバーとなり、ドアが空かなかった模様。
隙間から数人降りて、ドアオープン。よかったな!(笑)

なにはともあれ、楽しい2日間でした!
虫の報告は、改めて。

   2014.11.8-9

  1. 2014/11/11(火) 16:18:39|
  2. 自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

夏の夜の思い出

明日から出かけるので、カードの写真をHDに移していたら、変な写真が・・・。
セミ羽化横
なんだこりゃ!と、本当にビックリしてしまった。(笑)

微妙に角度が違う気はするけど、正しくは、こちら↓。
セミ羽化1
正しい向きにしても、お月さまが2個になってしまったのは消えてくれない。^^;


カードの整理は、記憶があるうちにすませましょう!(笑)

  2014.8.17

  1. 2014/11/06(木) 22:26:17|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2