ヒナカマ観察会

とある山沿いで開催された観察会に行ってきました。

ヒナカマ
メインはヒナカマキリ。
小さくて、かわいいカマキリ。

ここは、とても良い場所で、しっとりと堆積した落ち葉を踏みしめ、むしむし観察。
先生は、なんでも触って感じるべし!がモットーの奥山英治先生
みんなを楽しませようと観察会を開催してくれたのだろうけど、
先生も、とても楽しそう。^^

アワダチソウのハムシ
青空がハムシの背中に映るくらいの良いお天気なのに、
みんな、なぜか下向きの姿勢で、「腰痛い~」などと言っている。(笑)
ヒナカマキリは、地面や落ち葉の上を歩いていて、上を見てもいないのだそうだ。

朽ち木の林では、タマヤスデやオオスズメバチの女王、
タマムシの幼虫などが次々と見つかった。
タマヤスデ
タマヤスデは、ツヤピカでラブリーだけど、よく見ると、フンに囲まれていた。(笑)
タマヤスデが朽ち木を食べてフンにして、土になるんだなぁ。

ダンゴムシにそっくりだけど、やっぱり、何かが違う。
この日にタマヤスデに触れることができたので、
もう、ダンゴムシとは間違えない、、、はず?

コミミズク幼虫
コミミズクの幼虫も発見。
葉の表にかなり目立っていらっしゃったけど、隠れているつもりなのだろうか…。

ヒメノコメエダシャク幼虫
まだ青々としているコナラの葉に、大物!
ヒメノコメエダシャクのようだ。

ミノウスバ
観察会の最中には、飛んでいる姿しか見られなかったミノウスバ。
帰り道の途中で、お目にかかることが出来た。
透けた翅に黒とオレンヂのモフモフが美しい秋の蛾。

他にも、書ききれないくらいたくさんの楽しいことがあった1日。
面白かったなぁ!\(^o^)/

  2014.10.25
  1. 2014/10/27(月) 23:06:29|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

越冬前

猛烈な台風が来ているとのことですが、なんとか平穏無事に、観察をしてきました。

まだまだ、蝶が飛んでいました。
アカタテハ20141012
アザミに来たアカタテハ。(花が隠れてしまった。汗)
まだ幼虫もいました。
これから、大急ぎでカラムシを食べ、冬になる前には羽化して、越冬、、という段取り。

ウラギン20141012
弱くなってきた日差しを目いっぱい受けようと翅を広げるウラギンシジミ♂。
このウラギンシジミがいた木は、かなり大きな常緑樹で、
たくさんのウラギンシジミが周りを飛んでいました。
きっと、その木が冬の間のねぐらになるのでしょうね。

ツチイナゴ20141012
きれいな色のツチイナゴ。
幼虫や成虫が、クズの葉にとまっていました。
ツチイナゴも、みな成虫になり、冬越しをします。

虫たちは、着々と冬支度?を始めている模様です。
まだ、夏物の衣類でごまかしている私とは、大違い。(笑)

なにはともあれ、まずは、これからくる猛烈台風の間、
なんとか無事で過ごして欲しいものです。
冬になったら、また会いに行くことにしましょう。


   2014.10.12
  1. 2014/10/12(日) 06:29:10|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2