ハ~ムシ、ハムシ、ハ~ムシ、ハムシハンドブック、ハムシ

ハムシハンドブックハムシハンドブック
(2014/08/11)
尾園 暁

商品詳細を見る


春は、なぜか、ハムシが気になる季節であった。
ヨモギにいるのは、ヨモギハムシ、ハンノキにいるのはハンノキハムシ、
エノキにはエノキハムシ、、と、実にいい加減に、居た植物の名前をとって
ハムシの名前としていた私。
だって、詳しく調べていくと、よくわからなくなっちゃうんだもの、、、

そんな春から首を長くして待ちこがれていた詳しいハムシ専門のハンドブック。
とうとう、クビナガハムシになってしまうのではと思っていたところ、
やっと、出版されました。\(^o^)/

ハムシはサブネームが多く、しかも、同じ種なのに違う色柄だったりの
変異が多いこと!
変異の種もそれぞれの色柄を掲載していて、詳しいです。

最初の方には、「実物大ハムシ一覧」があり、実物大の写真がズラ~りと、
掲載してある。
あまりに小さくて、私の目では区別が付かないようなものまで、
丁寧に写真を撮り、1枠を与えての一覧表である。
もちろん、各ページにも、ミリ単位のスケール付きで実物大が。

サイズがわかるということは、虫探しや名前探しには重要なポイントで、
非常に小さいけれど、美しいので写真が拡大されている虫は、
大きい虫とイメージされてしまいがちだけど、そういうことがないようになっている。

そして、色についても、おそらくは、実物と違いない色となっていると思われ、
全身ピンボケなしの深度合成という技術を駆使しての拡大写真もありがたく、
虫ファンとしては、非常に嬉しいハンドブックとなっています。

尾園暁さんの「日本のトンボ」に続く、渾身の1冊、お勧めです!




日本のトンボ (ネイチャーガイド)日本のトンボ (ネイチャーガイド)
(2012/06/29)
尾園 暁、川島 逸郎 他

商品詳細を見る

  1. 2014/08/09(土) 00:23:46|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

アカハネナガウンカがいっぱい

とある道端で見つけたアカハネナガウンカ。
うお~、いっぱいいるじゃん!!
ここにも、そこにも、あそこにも、あっちにもいる!
いるいるいる! \(^o^)/
                                   ババババババ、、、、
アカハネ2

いやぁ、嬉しいなぁ!
こんなにいっぱいいるなんて!      

                  ババババババ、、、、、

あ、、あの!! スミマセン!!!
スミマセン、ここいらの草、撮りたい虫がいるので、ちょっとの間、刈らないでいてもらえないでしょうか?!

ババババババ、、、、   いいよー!

ありがとうございます!
それにしても、嬉しいな! こんなにいっぱい、じっくり見られるなんて!

んで、何撮ってんだ、姉ちゃんは!

これですよ、これ。この赤いの!
アカハネ1

こんなダニみたいにちっちゃいの撮って、どうすんのさ?!

売るの!!

いくらでー?

いや、売れた事ないから、知らない。(笑)

なんだい!(笑) 
ババババババ、、、、
 

アカハネ3
それにしても、いっばいいるのねー。(嬉)

                  ババババババ、、、、、            
                                   ババババババ、、、、


猛暑の夏、アカハネナガウンカの夏。草刈り危機一髪。(笑)


  2014.8.4
  1. 2014/08/07(木) 22:20:58|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5