とびもん

先日のこと、自宅マンションの壁に張りついていました。
とびもん2
なんと、かわいいのでしょう!!

こんなふう↓に、壁に張りついている時は、ただの蛾、、
しかも、ぽってりとしたボティは、嫌われちゃったりすること多し。
とびもん1

でも、裏返すと、和風な柄で、白が美しい!
とびもん3
翅が欠けちゃった。ゴメン!

よく見ると、とってもかわいい!
しつこく、もう一度。(^◇^)

とびもん2



  2014.3.2
  1. 2014/03/18(火) 23:19:28|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

虫トークショウ H26.2.20

虫トークショウに行ってきた。  …約10日ほど前に。(笑)

昆虫記者こと、天野和利さんが ↓本↓を出され、その記念のショウである。

昆虫記者のなるほど探訪―「昆虫愛」を持った仲間たちの愉快なムシムシ観察記昆虫記者のなるほど探訪―「昆虫愛」を持った仲間たちの愉快なムシムシ観察記
(2014/02)
天野 和利

商品詳細を見る


この本、一見、虫の話なのかと思うと、そうではなく、虫好きの方々の観察記で、
次々と、いろいろな人に会いに行く昆虫記者の自慢話?のようなものである。^^
うらやましいな~。
なにはともあれ、虫の話で取材に行くと、得なのではないかと思っちゃったりする。
ずるいとか思っちゃったりする。(笑)
だから、家族旅行に虫プランを組み込むのに苦労しても、それくらい…とか
思っちゃうくらい、うらやましい話で満たされている本。

そんな昆虫記者は、虫の話をしだすと、止まらないようで、
この日は、時間内にトークが終わるようにお相手がいらっしゃった。(^◇^)
お相手は、虫好きな私の先輩とも言うべき、鈴木海花さんである。
海花さんは、女性も虫好きよっと世に知らしめた方で、
↓こんな本↓や

虫目で歩けば 蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした。 (P-Vine Books)虫目で歩けば 蟲愛づる姫君のむかしから、女子だって虫が好きでした。 (P-Vine Books)
(2010/03/05)
鈴木海花

商品詳細を見る


↓こんな本↓をだされている方。

毎日が楽しくなる「虫目」のススメ―虫と、虫をめぐる人の話毎日が楽しくなる「虫目」のススメ―虫と、虫をめぐる人の話
(2013/06)
鈴木 海花

商品詳細を見る


トークショウは、最近、昆虫関係のトークショウの開催が多い池袋のジュンク堂。
普段は喫茶店として使っているスペースを使ってのトークショウで、
トークする人とお客とのコミュニケーションも取れる大好きな場所である。

とーく1

トークは、天野さんの本に沿ったお話(うらやましすぎ!)や、
ブログを本にする時の苦労話などなど。
うらやましいとは言っても、取材にいらっしゃるときは、事前に取材相手の方の
お住まい周辺の下見をして、地域の昆虫などを撮影したりして、お相手をうらやましがらせる努力も怠ることがない立派な記者さんである。(笑)
※詳しいことは本で!

とーく2

海花さんの本でも書いてあったかと思うけど、ブログを本にするのは、
横書きを縦書きにするだけの単純なものでなく、いろいろと難しいとのこと。
とても勉強になった。

とーく4

この日の鈴木海花さんは、ワールドワイドな天野記者に合わせて、
ワールドワイドなフェイスペイントを、、、というわけではなく、
お気の毒なことに椅子の位置が悪くて、お顔に柄が・・・。
やっぱり、まぶしかったそうで、いろいろあるなぁトークショウ。


さて、鈴木海花さんは、今後、「むし塾」という講座を展開していかれるそうです。
あやふやな虫の知識をきちんとしたものにする為の講座ということで、
私のようなフワフワな知識の虫好きにはピッタリの講座。
もちろん、私も参ります。
残り席、あとわずかのようですが、みなさんもいかがでしょうか。
素敵な教室で開催されます!

 天野和利さんのブログ → 昆虫記者のなるほど探訪

 鈴木海花さんのブログ → 虫目であるけば
             むし塾についても、↑こちらのアドレスで!

 トークショウのもっと詳しいお話 → こちらで!




 


  1. 2014/03/01(土) 11:31:33|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2