スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クマゼミの顔

クマゼミ顔

大阪の長居公園のクマゼミ。
いっぱい居たので、当然ながら、いっぱい死んでました。^^;

なかなか、いい顔だと思います。


さて、いっぱい死んでたクマゼミの亡骸の下には、アリの巣がありました。
セミとアリ2

セミとアリ1

亡骸の下に巣があるのは、偶然か?
いくつもの亡骸の下に、それぞれの巣があることから、偶然じゃないよね。
じゃ、アリが丸ごと運んで来たのかな? いや、丸ごとってのは難しいかな。
じゃ、やっぱり、亡骸の下に新たに巣を作ったのかな。
・・・などと、考えるのが、観察の楽しみであります。



  2013.8.10


スポンサーサイト
  1. 2013/08/29(木) 22:53:29|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

有馬富士公園に行った

遅くなってしまったけど、いたこんの翌日は、有馬富士公園に連れて行って
いただいたので、そのお話。

この日は、エスオクさんとご家族、ナチュラリストさん、М上さんと観撮。

↓こちらは、大変お世話になったナチュラリストさん。
この日はコウヤツリアブのペアにベットにされようとしていた。
ナチュラリストさん ツリアブ

スタート直後に見つけた大物を撮る3人
3名

3人が撮っているのは、コレ。写真ではわからないけど、結構大きいオオムラサキでした。
オオムラサキ

ワラ葺き屋根の東屋に来るたくさんのハチも観撮!
次々とやってきては、ススっと藁の中に入っていきます。
ハチ

さて、暑いので、観撮もそこそこに自然学習センターにやって来ました。

有馬富士公園に来て嬉しかったのは、小松貴さんに会えたから。
ポスターだけど。(笑)
小松さん
アリの巣の生きものは、バライティに富んでいて、大変面白い。
その生きものの写真を撮っているのが、小松さんだ。
ちっこいちっこい虫を小松フォースでもって見つけ出すのだそうだが、、、
なんやねん
中峰空学習指導員に突っ込まれてました。(笑) → 会ってみたかった中峰空学習指導員

アリマシン2
会場には、蟻マシーンも展示してあった。
蟻マシーンは、antroomさんが販売しているアリ飼育マシーンだ。
インセクトフェアでも販売されていて、いつも、買おうかどうしようか迷ってしまう代物。
私の気持ちを知っているのか、展示品の横には、値段を書いた札が。(笑)

アリマシン
いずもりようさんが書いた解説シールもかわいいこと!!
アリの巣の生きもの展は、10月6日までやっているそうなので、ぜひご覧になってください。

この自然学習センター、のぞきウォールやシークレットボックスなど、
探求心を刺激する展示が多く、オバサンも楽しませていただきました。

長くなってしまったので、今日はここらへんで…。


   2013.8.11
  1. 2013/08/24(土) 23:31:16|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

いたこん(伊丹市昆虫館)に行った!

この夏には、伊丹市昆虫館に行こうと前から思っていたのだけど、
繁忙期だし、お会いしたいと思っているスタッフの皆さんにお手数を
お掛けしてしまうのも悪いし…とウジウジしていたところに、
「伊丹市昆虫館に行くよ」とKYなお知らせが!
なんとKYな!と思いつつ、思わず便乗!

当日は、午前中に長居公園にある大阪市自然史博物館に行きつつ、
クマゼミを堪能。
長居公園は、クマゼミのつかみ取りができる公園であった。
クマゼミ

予定より少し遅れて「いたこん」に到着。(遅くなってスミマセンでした!)
いたこん


会いたかった方々に会え、嬉しい限り!!
ナチュラリストさん↓に館内・館外をご案内いただいた。
ナチュラリストさん


連れて行っていただいた樹液ポイントは、ハナムグリなどがパーティの
真っ最中だった。
まるでアブラムシのようにシラホシハナムグリやシロテンハナムグリが
集まっていてビックリ!
ハナムグリの木

ハナムグリ
※ここで勉強したこと、その1 →→ シラホシとシロテンの区別点。
            「日本の昆虫1400②トンボ・コウチュウ・ハチ」にも載ってます。

※ここで勉強したこと、その2 →→ ピンセットは持ち歩こう! 
                      甲虫の後翅をささっと取り出せたらカッコイイ!


このポイント、夜になると、クロゴキブリがパーティをしていたのである。

ちなみに、ゴキブリはコウチュウ(甲虫目)でなくゴキブリ目なので、
名前を知りたかったら、「日本の昆虫1400① チョウ・バッタ・セミ」で確認するのだ。


温室は、幸せな空間。
南のチョウがいるのはもちろん、お花もキレイ。
温室2

温室1



館内の展示も巨大ミツバチがあったりと、面白いものがたくさん!
ゴキブリの展示もあったし、クロカタゾウムシなんかはウジャウジャいたし、
興奮しっぱなし。(笑)

※ここで勉強したこと、その3 →→ イモムシなどの飼育は、密閉容器でなくて、
                      プリンカップでOKじゃん!




…と、興奮していたので、撮るべきものも撮っていないことに帰宅後に気づくのであった。^^;

撮り忘れたもの…みんなとの記念写真。可愛いお子たちの写真。
    いたこんの建物の写真。クロカタゾウムシのウジャウジャ写真。
    クロゴキブリのパーティ写真。伊丹市のマンホールカバーの写真。 などなど



※ここで勉強したこと、その4 →館内のポスターなどは、学芸員さんたちのお手製。
    お手製というと、ちょっと素人臭いもののように思ってしまうけど、さにあらず。
    デザイン事務所に頼んだのではないかと思うようなポスターである。
    イベントの企画・準備・実施もするし、館内の生き物・植物・設備の管理もする。
    本当に大変なお仕事である。


※ここで勉強したこと、その5 →→ 伊丹市昆虫館のスタッフのみなさんのご尽力で
      立派な「ゴギブリ手づかみ青年」が育つのだということを知った。
      昆虫館などはレジャー施設ではなく、教育施設なのだなと改めて実感。
                

もうちょっと近ければ、通うんだけどなぁ。
楽しかったですよ~、いたこん。
いろいろと教えて下さった皆さん、ありがとうございました!
また、伺いますね!


 翌日は、有馬富士公園。前日は、海遊館に行ったのだが、それは追々。



日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)日本の昆虫1400 (1) チョウ・バッタ・セミ (ポケット図鑑)
(2013/04/15)
槐真史 編  伊丹市昆虫館 監修 

商品詳細を見る





日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ (ポケット図鑑)日本の昆虫1400 (2) トンボ・コウチュウ・ハチ (ポケット図鑑)
(2013/05/20)
槐真史 編  伊丹市昆虫館 監修 

商品詳細を見る




  2013.8.10
  1. 2013/08/15(木) 22:37:53|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アカハネナガウンカ

あかはねなが1
本日は、この方がいらっしゃるという場所に連れて行っていただいた。
数年前に、1匹見て以来の再会です。\(^o^)/

あかはねなが2
数日前にはそれほどいなかったらしいのですが、
今日は、だいぶいらっしゃり、ここにも、あそこにも!と、ウハウハ状態。

成虫は、今頃だけのもので、タマゴや幼虫がいつどうなっているのか、
謎の多い虫のようです。

そういえば、今日は、交尾しているのもいませんでした。
どこに産卵するのでしょうか?!
じっくりと観察してみたいですが、暑い夏場のこと、大変そうです。


  2013.8.3  EOS 60D + TAMRON 90mm マクロ



  1. 2013/08/03(土) 23:34:26|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽っ化り!

夕方の散歩で見つけたセミの幼虫を連れて帰った。
エノキの枝をステージにしようと準備をしている間、
コルクボードでお待ちいただいてたら・・・あっ!

アブラうか1

アブラうか2

アブラうか3

うっかり者の私のせいで、ステージにあがれなかったアブラゼミ。
ゴメン!


  2013.8.1

  1. 2013/08/01(木) 22:49:40|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。