アダンソンハエトリ

アダンソン
「いたこん」こと伊丹昆虫館では、1/26より、くも展が始まった。
ウワサによると、顔ハメのマニアが喜ぶ珍しい顔ハメがあるらしい。。。(ほんとか?!)
4/4までやっているそうです。

写真はアダンソンハエトリ。
よく家の中をピョコピョコと跳ねながら歩いているクモです。
先週、実家で母が捕まえたものです。
とても元気でピントを合わすのが難しかったです。(結局、合っていない)
ハエトリグモって、冬場は、どうしているんでしょうね。
樹皮の間にいる別種は見たことあるけど、ハエトリグモって、冬は見たことないけど。。


  2011.1.28  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/31(月) 23:13:45|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アオサギ

実家の部屋で話をしていると、隣に住むいとこから
「とんでもないものが屋根の上にいる!」っ電話があった。
野次馬根性旺盛なわが家族。ドヤドヤと外に出て、屋根の上を見ると。。。

あおさぎ1
でかっ! (@_@)


あおさぎ2
梯子に乗って、寄って、もう一枚。


  2011.1.23  CASIO EXILIM EX-FC150
  1. 2011/01/24(月) 23:24:50|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

シダーローズパック

シダーローズパック
パック詰めにいたしました。^^V
なかなかじゃないですか! 

また拾いに行ってこよ~!!


  2011.1.20 Caplio GX100
  1. 2011/01/21(金) 22:13:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

梅
これは、ものすごく寒くなる前の梅の蕾。

こんなに凍るような寒さになって、大丈夫なのだろうか。。
大事な大事なメシベとオシベは、5枚の花弁に守られていて、大丈夫なのかもしれないですね。

ウメも、寒い時期に咲いて、梅雨の頃に雨水を蓄えるようにして、実を膨らませていきます。
緑がはっきりしているころに採って塩やタマゴの殻と一緒に漬けると皮のしっかりしたカリカリ梅に。
黄色くなりかけを採って、さらにモモの様ないい香りがするまで待ったのは、梅酒にしてもよし、
南高梅よろしく、薄皮の梅干しにしてもよく、、、

うう、、ヨダレが出てきました。


  2011.1.8  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/17(月) 22:42:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

綿毛

綿毛
虫を探していたら、枝に引っかかっている綿毛を発見!

今頃の綿毛って、何のものでしょうね。
どこから飛んできたのか、探してみるのも楽しいかも!


  2011.1.18  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/14(金) 23:39:14|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツワプキ

つわぶき
虫が少ないので、また植物です。
ツワブキ、、、枯れてました。

でも、躍動感ある枯れ方です。(笑)
なぜ、2枚ずつ(1か所は1枚だけど)残っているのでしょうね。


  2011.1.8  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/10(月) 23:09:44|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シーダーローズ

シーダーローズ
毎年恒例のシーダーローズです。
ご存知の通り、ヒマラヤスギ(マツ科)の松ぼっくりの天辺のパーツです。
松ぼっくりの中ほどの扇状のパーツが種と一緒に先に取れ、続いて、残った天辺が落ちるようですが、天辺が残っている状態って、なかなか見られません。
是非、見てみたいものです。

話が変わりますが、
「したたかな植物たち」という本を読みました。
「身近な草木の実とタネハンドブック」の著者である多田多恵子先生の本です。
植物の戦略をわかりやすく書いてある非常に面白い本でした。
その中に、セイタカアワダチソウが競争相手の成長を妨害するアレロパシー物質(化学物質)を発生させるお話がありまして、ヒマラヤスギも、そのアレロパシー物質を有しているとのことが書いてありました。
以前から、ヒマラヤスギの木の周りには草があまり生えていないのを疑問に思っていたので、これで、謎がとけた思いです。

したたかな植物たち―あの手この手のマル秘大作戦 (SCCガーデナーズ・コレクション)したたかな植物たち―あの手この手のマル秘大作戦 (SCCガーデナーズ・コレクション)
(2002/03)
多田 多恵子

商品詳細を見る



  2011.1.2  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/09(日) 23:49:57|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ビワの花

びわの花
何か撮るものはないかと見上げたら、3メートル位の高さにビワの花が咲いていた。
ビワの花って、かなり地味で、しかも、茶色のほわほわも混じっていて、いまいち目立たない。

でも、実は、あせって採らない限り、甘くておいしくてハズレがないように思う。
このビワの木は、青いシートのおうちがある公園にあるので、
おいしくなる前に採られてしまうかもしれないけど。。^^;


  2011.1.4  EOS 60D + EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
  1. 2011/01/06(木) 23:36:33|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

あけましておめでとうございます!

はらなが
花粉まみれのハラナガツチバチは、この後、
花粉にまみれたまま飛び立っていきました。

一見、埃がついたようにも見える花粉は、巣に持ち帰ると、
大切な糧となるのでしょうか。

まだまだ知らないことばかりです。

今年もまた、いろいろと観撮して楽しみたいと思っています。
新機材も導入しましたので、どうぞ、ご教示ください。
よろしくお願いします。


                 2011年 元旦  そよ風ふく


  2010.12.18  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2011/01/01(土) 23:45:42|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10