豆
豆が伸びてきた。
適当に種を播いたので、くっついて生えてきたとこもあり、
一度、抜いて、また植えなおしてみようと思って、抜いたとこ。

土を落とした根は、真っ白でとてもきれい。
芽も青々として、力強い。
もっと、きれいに撮ってあげられるといいのだけど。。


  2009.11.29  LUMIX FZ-20
  1. 2009/11/29(日) 13:45:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツマグロアオカスミカメ?

ツマグロアオカスミカメ1?
寒くなってきたので、すぐに見つけられる大き目の虫は少なくなって来たけれど、
カスミカメとかの小さい虫は、まだまだいます。

ツマグロアオカスミカメ2?
同じ個体を別角度から。
2枚目、明るすぎでしょうか、違う個体に見えますね。

せっかく写真に撮ったので、日本原色カメムシ図鑑の第2巻で名前を探してみたのですが、
似たようなのがいっぱいいすぎて、よくわかりません。
ツマグロアオカスミカメというのが近い気がするのですが、柄がいろいろあるみたいです。
せっかく買った図鑑は、使用者の能力不足で、もったいないことになっています。~~;;


  LUMIX FZ-20 + RAYNOX DCR-250
  1. 2009/11/23(月) 19:58:21|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

缶詰

日曜日は、こういうもののあるところに
観覧車

こういうもののトークショーを見に行った。
缶詰

出演者の黒川勇人さんのご本が売っていた。
おいしそうな缶詰の写真が載っていたので、思わず買ってしまった。
カラー版 うまい!酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場 (アスキー新書)カラー版 うまい!酒の肴になる! おつまみ缶詰酒場 (アスキー新書)
(2009/11/09)
黒川勇人

商品詳細を見る



追記、、 忘れてましたが、この日はクロスケさんも出演してらっしゃいました。(ごめん、クロスケさん)

  2009.11.15  Caplio GX100
  1. 2009/11/18(水) 23:07:30|
  2. 本の紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

サヤエンドウ

サヤエンドウ
去年は職場の移転などで忙しくて、冬用の種まきを忘れていたのだけど、
今年はだいぶ楽になったので、種を蒔いてみた。
サヤエンドウと、ホウレンソウと、チンゲンサイである。

写真は、サヤエンドウ。
実が赤いのは薬のせいだけど、それが可愛く見えるもとのよう。


  2009.11.15  LUMIX FZ-20 + RAYNOX DCR-250
  1. 2009/11/16(月) 00:27:46|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

紅葉するには

紅葉
この葉っぱ、まじまじ見てみると、葉脈から遠いとこから色が赤く変わっていますね。
水分が行き渡らなくなってくると、紅葉してくるらしいので、こういうもんなんだと納得。

赤はアントシアン、黄色はカロテノイド、褐色はタンニンのなせる技、、、というようなことがwikiに書いてあった。(笑)
みんな、食べものに入っているようなのです。しらなかったなぁ。。


  2009.11.3  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2009/11/11(水) 22:13:22|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

繭束

繭束
そんな言葉はないけれど、花束じゃないから繭束。(笑)

この繭束、あのシンジュサン達が作ったもので、
枯れた葉は落ちても、繭を作るのに使った葉は落ちることはない。
なんのことはない、、幼虫が木の枝や葉の軸も含めて糸を巻き、
しっかりとした繭を作っただけ。
タネを明かせば、当たり前のようなことだけど、
ムシのDNA?に組み込まれているプログラムのおかげなのだと思うと、
ちょっとすごいと思う。

そして、そのプログラムによって、来年の春まで、この繭はお休みである。
その間、枯葉は落ちても、繭は落ちない。
すごいもんだ。。。


  2009.11.4
  1. 2009/11/08(日) 21:25:24|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

アカスジキンカメムシ豊作

アカキン2
やはり、今年はアカキンが多かったみたいですね。
成虫は見てないのですが、この子たちがいっぱいいます。

あかきん1
ところで、新開孝さんが「ひむか昆虫記」にアカスジキンカメムシの終齢幼虫の
臭腺の開口部は背中側と書いていらっしゃったけれど、どこなのでしょう?
白い肩の下あたりかなぁ。。

あ、、そうですね。。試してみればいいのですよね。
。。。ちょっといじめてみたけど、すぐには無理みたい。
アカキンは、マルカメムシとかチャバネアオカメムシとかみたいに、
すぐに臭くなったりしないんです。。



追記、、臭腺の開口部の正解を教えていただきました。 → こちら
     実は2枚目の写真にバッチリ写っていました。(笑)
     新開さん、お答を要求しまして、スミマセンでした。
     そして、たいへん、ありがとうございました。m(__)m



  2009.11.1  LUMIX FZ-20 + RAYNOX DCR-250
  1. 2009/11/04(水) 00:21:15|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ミノウスバ

ミノウスバ
ヒンボケになってしまったのですが、ミノウスバです。

今日は、オナガバチがたくさんいた朽木を見に行ってきました。
朽木は、あの賑やかさがうそのように静かでして、
そこを歩きまわっていたのがこのミノウスバ。
ひたすら歩き回わり、時には転んでひっくり返ったりしつつ、
さらに歩き回ることをくりかえしていたのですが、何ほしていたんでしょうね?

その後、ちょっと離れたところで、丸太風のプラ製?の柵に
アカスジキンカメムシの終齢が5匹程ついていたので、採集して帰ってきました。
アカキン、多いですね。。
その割に、1~4齢とか成虫は見てないんですが。


  2009.11.1  EOS Kiss Digital X + TAMRON 90mm マクロ
  1. 2009/11/01(日) 23:41:35|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3