春の虫は、みんな動きが早い!

今日は、ちっちゃいイモムシ・ケムシを探しに散歩に出た。

春先の定番、クワゴマダラヒトリだろうか、そこいら中、ケムシだらけのとこがあった。
クワゴけむし

散歩に行った公園は、朽ち木がたくさん置いてある。
イモムシ・ケムシを見に行ったのに、いつのまにか、朽ち木めぐりをしていた。
ヒメクロトラカミキリが朽ち木の上をウロウロと、そして、素早く動き回っていた。
早くて、写真を撮るのも大変!
ヒメクロ

隣の朽ち木では、アカハネムシらしき虫がたくさん発生していた。
オスがメスを、ガバッと捕まえる様子が、すばやくてびっくり!
アカハネムシ

別の朽ち木をひっくり返して、小さい甲虫を撮っていると、マクラギヤスデがやってきた。
マクラギヤスデは、このまま突き進んで、甲虫を轢いちゃうのかと思ったら、
ヤスデ1

直前で曲がって、避けた。
ヤスデ2

そして、そのまま、ささっと去っていった。
ヤスデ3
みんな、動きが早いのね~。

ヤスデたちのそばにいたカッコいいアリも、動きが早くて、なかなか撮れない。
いかしたアリ
いっぱいいたんだけど、みんな、ササっといなくなってしまった。


     2017.4.15
  1. 2017/04/16(日) 22:56:17|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春一番の蝶

春一番、恒例のミヤマセセリ詣でです。

いつもの時期に、いつもの場所を尋ねると、必ず見ることができるというのは
嬉しいことですね。

ミヤマセセリH29春


    2017.3.20
  1. 2017/03/20(月) 21:27:40|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩の宿題

用足しに出た帰り道、真冬の公園を通りながら帰宅。
ただの通過でなくなってしまうのは、いつものことだな。(笑)

カクレミノにいるという冬場の名物となっているある虫を探すも、
ここにはいないようで、いまだ、見つからない。
代わりに、クロスジホソサジヨコバイが見つかった。
葉っぱのキズみたい。
マエムシダマシ

ヨコバイがいた。かわいいではないの~。
なんて名前かな?  → 宿題①
ヨコバイ

これは、クダマキモドキとかの産卵痕かなぁ。
誰のしわざかな?  → 宿題②
産卵痕


あ、これは、ヒゲナガサシガメの幼虫だ!
成虫を見たことないのだなぁ。  → 宿題③
かめむし

葉っぱがみんな落ちた枝に怪しく残る枯れ葉!
枯れ葉1

蛾の幼虫あたりが糸で葉っぱを固定したみたいで、しっかり付いていた。
繭が落ちないようしっかり固定するなんて、すごい!
で、いったい誰?!   → 宿題④
枯れ葉2

壁にある排水口も、何かいるかもと、覗いてみる。
タマゴの殻、発見!!
ヤモリのタマゴかなぁ。  → 宿題⑤
排水管


こうして、こんなに宿題が山積みとなったけど、答えは急がない。
いつか、わかればいいのだな。


   2017.2.4

  1. 2017/02/09(木) 23:15:27|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ナメカタツムリ

ここのところ、休日も忙しかったのだけど、今日、ほんのちょっとだけ時間が出来た。
久しぶりに地元の公園を散歩した。

冬場なので、樹皮ハガシと朽木返しが主の散歩だ。

さっそく、細い目の丸太を返してみると、なんと、変わった生き物が!
①ナメカタツムリ
カタツムリみたいだけど、軟体部分と殻のバランスが妙・・・。
ゴミは無視するとして~、、、う~ん、、、

②ナメカタツムリ
違う角度から見ると、こんな感じ。
むむむ???

って、やっぱり、こういうことだよね。
③ナメカタツムリ
そりゃそうだ。


   2017.01.28
  1. 2017/01/29(日) 00:37:18|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オオキンカメムシを見に

オオキンカメムシを見に、三浦半島の先っぽまで行ってきました。

実は私ども一行、12月初めにも探しに行ったのですが、自力で見つけ出せず、
あえなく敗退してまして、この日は、そのリベンジでもありました。
今回は、昆虫写真家の尾園暁さんが情報収集と下見をしてくださっていたので、
あっさりと、会うことが出来ました。

三浦オオキン

いやはや、くやしいですね。
生垣一つ越えていれば、前回のうちに会えていたはずなのに!
手前の木までは、鈴木海花さんと一緒に探したのですよ・・・。

この日のオオキンカメムシは、あちらこちらに散らばっていて、一塊りになっているのは
少なかったですが、ここにも!あそこにも!と、楽しく撮影。

このあと、海岸の岩場で、トンビの襲撃を恐れつつ、お昼ご飯を食べ、岩場の散策へ。
乾いた岩場って、何にもないよな~と思いつつ、歩いていると、干上がりつつある水たまりに板が・・・。
板があったら、めくらないとね・・・と見てみると、なんとヤゴがいるではありませんか!

詳しくは、お二人のブログをご覧になっていただくとして、
 昆虫写真家・尾園さんのプログは、こちら
 昆虫写真家・森上さんのブログは、こちら
このあと見つけた深い水たまりも含めて、海岸の岩場にもかかわらず、みな淡水で、
ヤゴやハイイロゲンゴロウなどが住める場所だということにビックリ。
ザバーンと波が来て、塩味になりそうなのに。

ようやっと、砂浜に出たので、石を返して虫を探す。
この前は、ハマベヒメサビキコリやハマベハサミムシがいたのに、なかなか見つからない。
石を返すとピョンピョンと跳ねて、カメラを構える間もなく消え去るヨコエビと
サササササッといなくなるフナムシしか見つからない。
ふと、石のほうをみると、何やら付いていた。
翅
ゴキブリのタマゴのような形のもの。
・・・そういえば、ゴキブリのように消え去るフナムシの卵って見たことないけど、これか?!
などと思ってしまったのだけど、これは、死んだ甲虫の片翅だった。(笑)

めぼしいものが見つからないので、甲虫に夢中の蛾屋・阪本優介さんを海岸に置き去りにして退散。
阪本氏
阪本さんは、私たちが退散したあと、何やら見つけたらしく、根性のなかった自分が情けなく、
後悔をしました。^^;;;


この日の同行者は、尾園暁さん、鈴木海花さん、森上信夫さん、阪本優介さんでした。
海岸沿いの岩場の水たまり、楽しかったです!


     2017.1.7  神奈川県
  1. 2017/01/10(火) 01:09:29|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ