春のミヤマセセリ祭

仕事柄、1月から3月はあっという間に過ぎ去って、
気が付いたら春が来ているというのが通年となっている。

今年は寒い日が続いていて、雪も降ったりと、なかなか春が来なかったが、
急に暖かくなったので、ようやっとフィールドに出られるようになった。

冬場の写真撮影は、ほぼ休眠状態なので、これが春になって最初の1枚。
テングチョウだ。
テングチョウ2018

急に暖かくなったせいか、ビロードツリアブもハエのようにブンブンと
飛んでいた。
ビロツリ2018

ルリタテハのルリ色も日に照らされて鮮やかだ。
ルリタテハ2018

ミヤマセセリはというと、山から田んぼに向かって、どんどんと飛んで来る。
次々と飛んできて、もう、これはミヤマセセリ祭!!
湧き出てくるミヤマセセリ、すごい!
ルリタテハを追尾するミヤマセセリ10秒間!
次々と飛んで来るもので、2頭、3頭が輪になってクルクルと飛ぶのも見られた。

でも、動きが早くて、写真が撮れない・・・。
ようやっと撮れた給水中のミヤマセセリ。
ミヤマセセリ2018-1

ほっとして振り返ると、もう1匹!
この子は、おとなしくて、近寄っても動かない。
ミヤマセセリ2018-3

チャンス~!と一所懸命撮ってたら、
知らないオジサンが「何撮ってるんですか~」と来た・・・。
いや、今、マジ撮りしてんだから!と言いたかったが、
「ミヤマセセリ」と答えた。・・・が、「え?すすり?え?」という具合。
挙句「こっちにも黒いのいるよ~」と教えて下さる。
いや、いいですから、そういうの・・・。(言ってないよ)

と気を取り直して、黙々ともう一枚。
ミヤマセセリ2018-4
おとなしかったのは、ミネラルたっぶり(?)の鳥のフンを吸っていたからでした。
面白いのが見られたなぁ。

   2018.3.25    横浜市





  1. 2018/03/26(月) 23:13:24|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タテジマカミキリを観に

本日、寒い中、タテジマカミキリを観にいってまいりました。

タテジマカミキリは、成虫が樹木にかじりついて、堂々と越冬をしている面白い虫だ。
タテジマ
冬場に、こんなに堂々と、姿を現わしている虫はあまりおらず、
冬でも虫を観たい私には、うれしい虫だ。
しかしながら、、、目が慣れてこないと、なかなか見つけられなかったりする。
引率の尾園先生は、「ここにいますよ」「あ、ここにも!」というけれど、
なかなか見つけられず、ちょっと悔しい。

コマダラウスバカゲロウの幼虫もそうだ。
コマダラウスバカゲロウ
「ここですよ」と言われても、よくわからず、写真に撮って、初めて納得。(笑)

冬場は、いつもと違うものも観られるので、数は少なくても楽しめる。
ゴミグモ
ゴミにまみれる前のゴミグモ。
ちっちゃいけど、白くて美しい。

パチパチと音を立てながら実をついばむイカル。
イカル
尾園先生は、最近、鳥も撮影されるようで、鳥用のカメラセットで撮っていた。
木の葉が落ちる冬場は、鳥がよく見えて、アオゲラ・コゲラなども見られた。

しかしながら、寒い・・・。
雪が降り、その後、寒波で氷点下の日が続いているので、仕方がないけど寒い。
昼食のおにぎりは冷たく、飲み物もとても冷えていて、凍える身体にはたまらない。
そうこうしているうちに、小雪がちらつき始めた。^^;
逃げるようにして、次の目的地ケヤキ林に。

ケヤキ林で、パキパキと枝を折りながら、キンケトラカミキリの大捜索。
キンケトラカミキリ
いた!!となると身体も温まる。^^;
成虫数匹、幼虫少々を見つけて、本日のノルマ?は完了。

最後に、鳥用レンズでタテジマカミキリを撮る尾園先生の勇姿を。
(やっぱり、鳥を撮ってたのかなぁ)
O先生

尾園先生とBiotop Guildさんのイベントが2/3(土)にあります。
例によって、お天気が心配ですが、よろしかったらご参加ください!
Nature Photo Walk~冬越しの生きものたち~【昆虫写真家 尾園暁×Biotop Guild】
  1. 2018/01/28(日) 22:52:57|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

年賀状

毎年のことですが、年末は、日にちに余裕がなく、慌ただしく時間が
経ってしまいましたが、ほんの一時、年賀状を作りながら、オオクワガタの
写真を並べて、幸せな時間を過ごすことが出来ました。

2018年は、どんな年になるのでしょう。
皆さんにとって、良い年になりますように!


          2018.1.1    そよ風ふく
  1. 2018/01/01(月) 00:00:00|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンホールカバー

ひとことで、マンホールと言ってしまうけど、正確には、マンホールカバー、
あるいはマンホールの蓋という代物。

初めての土地に行くときは、約束の時間より早く行って、
駅前などで、コレを探すのが楽しみなのです。

先日行ったところの駅前で。
1マンホール
こうした種類は、どの向きが正面なのか、非常に迷う。
長細い穴に金具を差し込んで外すのだろうから、2つの細穴が左右で、、
とか、悩んでしまう。
真ん中のマークで判断できる時もあるのだけど、今回は、よくわからない。
真ん中には、そこの都市のシンボルマークが入っていることが多い。
これはどこの都市のマークでしょう?!

2マンホール
汚水とか雨水とか、このようにバッチリ書いてあると、正面がわかりやすい。
できれば、「USUI」とか、オシャレにしなくていいので、正面がわかるように
デザインしてほしい。(笑)

3マンホール
消火栓は、ばっちりわかりやすい。

この後、上司と会い、お客様を訪問した帰り、
なんと、大サイズの派手なのがあったのだが、
いちおう仕事中なので、「撮らせてください」と言えず…。^^;

どこの都市のマークかというと、、、
4マンホール
こちら↑でした。
  1. 2017/11/26(日) 23:47:23|
  2. 道端
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

隠れてはいないのだけど・・・

夏の思い出写真を見ていたら、何も撮れていない写真が出てきた・・・
しかも、たくさん!
カワラバッタ

と思ったら、それは間違えで、何枚か、見ていくと、カワラバッタが写っていた。
カワラバッタ2

送り戻してよく見たら、ちゃんと写っていたのである。(笑)

物陰に隠れているわけでもなく、堂々とそこにいるのだけれど、
この隠れっぷりは、すごいじゃないの!


       2017.7.23
  1. 2017/10/16(月) 22:45:04|
  2. 虫など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ